オピニオン

中国でユニクロの新商品がバカ売れ!どつき合いの争奪戦が勃発!

どうも!困った時はぷちょへんざ、いっくん(@ikkun_0930)です!

今朝、こんなニュースを見かけました。

日本が世界に誇るブランドのユニクロ。そのユニクロの新商品が中国でバカ売れし、どつき合いの騒動に発展したというものです。自国だけで経済を回せる人口を持ち合わせている中国で、なぜこんなことが起こったのでしょう。

この記事では、なぜ「ユニクロの新商品がバカ売れし、中国人同士がどつき合いの事件に発展したのか」をご紹介します!たった5分ほどで読み終える記事になるので、トイレの合間にでも読んでくださいね。

KAWSのコラボTシャツが問題に原因

この騒動の原因は、新商品のコラボ先にあります。今回、ユニクロがコラボしたのは、KAWS氏という若者に人気のアーティストです。元々は、公共物や壁に落書きし、それをアート作品とするグラフィティーアートをおこなっていました。

人の目に触れる機会が多い場所を狙い、グラフィティーアートをおこなったために「広告に使いたい」という業者が殺到。瞬く間に、注目のアーティストへと登り詰めます。

ユニクロとも何度かコラボをしており、スヌーピーとユニクロとKAWS氏がコラボした作品が1,500円ほどで販売されていました。KAWS氏のデザインは、キャラクターの目をバツ印にすることが特徴的。それが若者の人気を獲得している理由です。

この投稿をInstagramで見る

 

KAWS: SUMMER Releasing early June… @UNIQLO.UT @UNIQLO #UTxKAWS #KAWS

@ kawsがシェアした投稿 –

中国のユニクロで新商品がバカ売れ&争奪戦に至った理由

ではなぜ、中国のユニクロでKAWS氏とのコラボTシャツがバカ売れし、争奪戦になったでしょうか。理由は、転売ヤーの影響です。香港のオークションでは過去に、KWAS氏とユニクロがコラボしたTシャツは、定価(1,500円〜)の8倍である12,000円で転売されたことがあります。

過去に12,000円で転売できたのだから、今回のコラボも期待できるとかんがえたのでしょう。しかし転売ヤーはすごいですね。不確定要素である情報に、どつき合いになるほどまでKAWS氏とユニクロのコラボ新商品を奪い合うのですから……

さらに、転売ヤーが熱中する理由はもう一つあって、KAWS氏がユニクロとのコラボを最後にする、とインスタグラムで発表しているのです。二度とKAWS氏とのコラボ商品が発売されないことが、購入が殺到し、どつき合い担っている理由でしょう。

6月7日金曜日に日本のユニクロでKAWS新商品が発売

そんなKAWS氏とのコラボ人気商品は、2019年の6月7日に発売されます。都会のユニクロでは、中国同様に購入者が殺到すると思うので、購入する際は十分に気をつけてください。

田舎の方もニュースをみて…….

「転売ヤーに俺はなる!」と夢見る大人ないし子供達が殺到する可能性があるので、十分に気をつけてください。僕自身もこの流行りにあやかってKAWS氏とのコラボ新商品を並んで購入してきます。

「5着くらい買って、3着は転売するでぇ!!!!」

KAWS氏とユニクロコラボ新商品のラインアップ

KAWS氏とユニクロコラボ新商品のラインアップは以下の通りです。

Tシャツ(1,500円+消費税・全12種)

 

ユニクロ公式サイト

トートバッグ(1,500円+消費税・全4種)

ユニクロ公式サイト

ちなみに、ユニクロ公式の通販サイトでもKAWS氏とのコラボ新商品が発売されます。時間は発売当日の早朝2時〜3時の販売が開始されるので、要チェックです。